活動について

国際比較環境法センター設立経緯

環境問題は、これまでの地域的規模から地球的規模へと広がりをみせ、いまや、諸外国においても重要な政策課題の一つとされるに至っております。このように、人類史上かつてないほどの広がりと重要性をおびてきた地球環境問題の解決には、各国の有する経験や情報、国際的視野にたった検討が必要であり、さらには、自然科学や社会科学、人文科学等の垣根を越えた学際的研究が重要であります。

国際比較環境法センターは、1991年3月、地球環境問題に関する情報を収集するとともに、経済的諸手法等の隣接諸科学も視野に入れ、研究者、企業実務家、行政担当官等の共同研究・意見交換を通して、わが国の環境問題を主として法制度面から調査・研究することを目的として設立されました。

設立以来、関係各省庁の所管する環境法制や政策について検討し、また、関係機関からの環境問題についての委託研究等を精力的に実施してきましたが、このたび、環境問題に関心を有する企業や個人の皆様に広くご参加いただき、組織・活動の強化・充実を図ることといたしました。

特色と主な活動内容

【1】
企業実務家、法律学・経済学等の研究者等からなる恒常的な研究会を組織しております。
すなわち、①そのときどきのトピカルなテーマをとりあげ、講演会・シンポジウム等を開催するとともに、②重要問題については、実務界と学界との意見交換等を行ない、また③関係機関等からの特定テーマに関する委託調査については、研究者を中心とした研究グループを組織しております。
ちなみに、これまで廃棄物・リサイクル問題、地球温暖化に関する法制度、環境と貿易等々について意見交換を行ない、必要に応じて行政担当官を交えた検討会を開催しております。
【2】
諸外国の環境法研究機関と連携し、各国の環境法制に関する情報を収集しています。また、それら環境法令のデータベースの構築と同時に、諸外国の環境法を日本語に翻訳するプロジェクトに着手しています。
【3】
行政機関や研究機関等から特定テーマについて研究委託をうけ、政策立案のための調査・研究等を行なっております。